フレッシュフルーツ青汁 ダイエット

野菜不足での症状 〜便秘編〜


便秘で悩む女性は多いですよね。
お腹が重くてしんどかったり、ひどくなると気持悪くなったりします。

普段、普通に過ごしていると基本的に野菜不足状態になっている人がほとんどなんです。
最近では、コンビニのご飯も美味しくなっていますし、安くで美味しくたべれるお店もたくさんあります。

一人暮らしや単身赴任をしていると、ついついごはんが適当になっていませんか?

意識をして摂取しても1日の野菜の量を摂り続けることは非常に難しいです。
野菜不足になると色々な症状になりますが、
その一つに便秘があります。


〈便秘症状について〉
便秘にも種類がたくさん

・お腹が痛い
・吐き気
・下痢
・お腹が張る


などなど。
経験のある方なら分かりますが、便秘による腹痛は本当に痛いですよね。
私も経験があり、本当に辛くてお腹を抱えこまなければ
辛いということもあります(*_*;


便秘の原因の一つとして、
野菜不足による食物繊維の不足があげられます。

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルがたくさん含まれています。

野菜が不足すると → 食物繊維も不足 → 腸の動きが悪くなる → 便秘 

となります。

野菜をたくさん摂って、大腸にたくさんの食物繊維を送って便秘を解消してあげましょう。


1日に摂取した方が良い野菜の量は350gと言われています。
これは量にすると、両手で溢れるくらいの山盛りの量です。

野菜も2種類に分かれます。
ジュースなどで良く見かける【緑黄色野菜】【淡色野菜】です。
緑黄色野菜はご紹介すると、
ピーマン、トマト、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、ブロッコリー等色の濃い野菜が中心です。

逆に淡色野菜は、
レタスやなすきゅうり、もやし、大根、タマネギ、白菜等、名の通り色の薄い野菜となります。

理想の350gの内訳は、

緑黄色野菜:120g、単色野菜:230g

上記の量が理想の目安量と言われています。

野菜を上手く取り入れる方法として、
煮物やお浸しなどでカサを減らした調理法が良いですね。
冬の時期ならお鍋がおすすめです。
生野菜だとなかなかこの量を食べるのは難しいので違う調理法がいいですね。


それでも調理するのも面倒くさいし、余って腐らせたりしがちな方は、
野菜のジュースやサプリ等毎日簡単に摂れるものに頼るのもありです!

毎日その量の野菜を買うのとジュースやサプリなら、
断然ジュース等の方が安く経済的です!

野菜をしっかり摂って健康なカラダを美肌になりましょう!

 

サイトマップ